ホーム > 森もり!スクエア > みんなで森林づくり > バットの森づくり植樹祭


ここから本文です。

 

 みんなで森林づくり

バットの森づくり植樹祭

~アオダモ資源の育成を目的として~

【胆振東部森林管理署】 


 東京ヤクルトスワローズ由規選手を囲んで記念撮影

東京ヤクルトスワローズ由規選手を囲んで記念撮影

平成27年7月18日(土曜日)、苫小牧市糸井国有林において、NPO法人「アオダモ資源育成の会」が主催する「バットの森づくり植樹祭」が開催されました。

同会は、バットの材料となるアオダモの資源量が減少していることを踏まえ、その資源育成を目的として2000年に設立されました。

今日まで、道内各地の国有林、道有林、町有林等においてプロ野球機構等関係機関の協力を得ながらアオダモの植樹活動を展開しております。

当署管内国有林においても、同年よりほぼ毎年植樹活動を続けており、2004年の台風18号による風倒被害箇所の復興にも取り組んで頂いております。

植樹祭当日は、小雨が降るあいにくの空模様でしたが東京ヤクルトスワローズの由規(佐藤由規)選手、苫小牧中央高等学校野球部員、苫小牧新生台イーグルスの子供達、ボランティア等約130名がアオダモのポット苗200本を植樹しました。

植樹祭の終了後は、エゾシカの食害からアオダモを守るため当署職員等で植樹した苗木にシカ防除ネットを設置しました。

 

(苫小牧森林事務所 森林官 井神翔太)

内田次長の挨拶

内田次長の挨拶

 当署職員による植樹指導

当署職員による植樹指導

 参加者みんなで植樹作業

参加者みんなで植樹作業

 由規選手との植樹作業

由規選手との植樹作業

 標柱を設置し記念撮影

標柱を設置し記念撮影

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集