ホーム > 森もり!スクエア > みんなで森林づくり > 漁協女性部等によるミズナラの植樹を実施


ここから本文です。

 

 

 みんなで森林づくり

漁協女性部等によるミズナラの植樹を実施

~栄養豊かな森林づくり  ~

【留萌南部森林管理署】 


植付け後の記念撮影

植付け後の記念撮影

平成26年9月30日(火曜日)に留萌市幌糠の国有林で、新星マリン漁協女性部留萌支部と留萌コープ会のメンバー11人によるミズナラの植樹を実施しました。

はじめに東次長より「二酸化炭素を吸収して地球温暖化防止に貢献する森林の役割や効用について説明があり、怪我のないように植樹を楽しんで」と挨拶がありました。

この行事は、自然とのふれあいや栄養豊富な海づくりに必要な川上の森林育成などを目的に毎年実施しいて、昨年の参加者も多く、最初から「カミポットの作成指導はいらないから」との話があり、作業にかかろうとしたところ、一部材料を忘れてしまうアクシデントがあり、そのまま苗を植樹場所へ植えてもらう形になりました。

ショベルと鍬で花壇の手入れをしているような雰囲気の中、みなさんに手際よく丁寧に植えてもらい、予定していたミズナラポット苗の植樹を短時間で終えることができました。

この日は途中から降雨となり、その前に植樹を終了させることができ、結果として良かったのか複雑な心境ですが、写真撮影まで無事に行事が開催できたことと、豊かな海づくりに貢献できた一日になったのではと、少しだけ満足感を胸に帰路につきました。

(相澤 森林技術指導官)

開会での挨拶

開会での東次長の挨拶

ミズナラ植樹の様子

ミズナラ植樹の様子

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集