ホーム > 森もり!スクエア > みんなで森林づくり > 「檜山古事の森」10周年記念の集い


ここから本文です。

 

 

 みんなで森林づくり

「檜山古事の森」10周年記念の集い

~ 歴史的建造物の修復等に必要な資材供給のための森づくり活動 ~

【檜山森林管理署】 


平成25年10月18日(金曜日)、檜山森林管理署管内江差町椴川国有林で、「檜山古事の森」10周年記念の集いが開催されました。

当日は、天候にも恵まれ約170名(一般参加者約130名・関係者40名)の参加がありました。

「古事の森」は、作家の故立松和平氏の提唱を受け、林野庁が平成14年度に「木の文化を支える森」制度を創設し、特に歴史的建造物の修復等に必要な資材供給のための森づくり活動等が行われています。

平成24年度末現在、全国10カ所設定され、道内では唯一の「古事の森」であり、数百年先を視野に入れた森づくりを行うこととしています。

江差町文化会館で西堀 稔氏(元函館分局長)の「故立松和平氏を偲んで」と題した記念講演、場所を椴川国有林に移しヒバの植樹並びに五勝手鹿子舞(北海道無形文化財)が奉納されました。

参加された方々は、ヒバ林での幻想的な鹿子舞にとても感動した様子で、「檜山古事の森」森づくり活動に参加できたことをとても喜んでいました。 

(梅田 森林技術指導官) 

ヒバの植樹

ヒバの植樹

五勝手鹿子舞

五勝手鹿子舞

記念講演 西堀稔氏

記念講演 西堀稔氏

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集