ホーム > 森もり!スクエア > みんなで森林づくり > 体験林業(ミズナラ植林)の実施


ここから本文です。

 

 みんなで森林づくり

体験林業(ミズナラ植樹)の実施

~豊かな森の再生を目的として~

【石狩森林管理署】 


10月14日(日曜日)、定山渓地区の国有林において、「アイヌアカデミー ひぐま」主催による体験林業が行われました。

体験林業には、、「アイヌアカデミー ひぐま」のメンバーや同団体の呼びかけで集まった市民、札幌市や当森林管理署職員ら約30名が参加しました。

豊かな森の再生を目的に、カミネッコン(再生紙段ボール)を使用して、ミズナラのポット苗木150個を作って丁寧に植樹しました。

当日は、親子連れの参加者も多く、会場は終始和やかな雰囲気でしたが、みなさん手際よくカミネッコンを組み立て、ポット苗木を作成していました。

同団体では、ヒグマとの共生を重んじて、これからも豊かな森の再生を実践していきたいと考えています。

 

 

(陣内 業務第一課長)

カミネッコンの組立

カミネッコンの組立

カミネッコンにミズナラを移植

カミネッコンにミズナラを移植

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集