このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

     各地からの便り

    林野火災予消防訓練

    【渡島森林管理署 


    渡島森林管理署では毎年4月に空中消火機材の使用方法の確認をメインとした林野火災予消防訓練を実施しており、平成30年度についても4月20日(金曜日)に実施しました。

    道南方面の空中消火機材は、渡島総合振興局西部森林室(松前)・南渡島消防事務組合消防本部(北斗)・渡島森林管理署(八雲)の3箇所に配備されており、国の機関としては渡島森林管理署だけとなっております。

    当日の訓練は、署長挨拶に始まり、渡島森林管理署本署と各森林事務所等の職員全員、約30名で実施しました。

    訓練では、八雲消防本部に協力していただき、水槽に水を溜め、水槽からポンプでヘリコプター散布するための水嚢に水を溜め放水するという流れを数回繰り返し各機材の動作確認を行い、問題無く終了しました。

    ポンプでバケットに水をためます
    水槽から水嚢にポンプで水を送ります


    器具の動作を確認します
    消火剤を混合します

    手旗信号で合図
    水嚢側から手旗信号で合図を送ります

    火災発生時の状況の把握の為、ドローンも待機しています。

    ドローン
    調査用のドローン

     

     

    (事務管理官 生澤)

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271