このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

     各地からの便り

    留萌地域において専門家によるドローン講演会を開催

    【留萌南部森林管理署 


    平成29年10月20日(金曜日)、留萌市公民館において、留萌地域林政連絡会議(構成員:留萌振興局、留萌北部森林管理署及び留萌南部森林管理署)による「森林・林業におけるドローンの活用について」をテーマとして午前中に講演、午後にデモ飛行のドローン講座が開催されました。
    留萌管内以外の林業関係者を含む約90人が参加し、森林総合研究所北海道支所の古家直行さんら4名の研究者の方にご説明いただきました。

    講習会の様子
    講習会の様子

    会場では8枚羽や折りたたみ式など4種類のドローンの実機の展示、3D眼鏡で立体視する手法や最新の林業ロボットの映像展示のほか、道有林や全国の森林管理局における活用事例のパネル展示を行い、ドローンの活用事例や可能性について理解を深めました。

    3D眼鏡によるデジタル映像の立体視
    3D眼鏡によるデジタル映像の立体視

    午後からは野外において数種類のドローンのデモ飛行やプログラミングによる自動飛行等を行いました。
    中でも高価な赤外線カメラや追尾機能を使った飛行では「エゾシカやクマの監視や遭難者の捜索に活用できるのでは?」という声があがるなど、参加者一同が興味深く見学していました。

    コンパクトに折りたためるドローン
    コンパクトに折りたためるドローン

    今回の講演会を通じて今後のドローンの更なる活用や森林・林業におけるICT活用のきっかけになればと思います。

    (森林技術指導官  国沢)

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader