このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

     各地からの便り

    野幌森林公園にてオオハンゴンソウ除去作業を実施

    【石狩地域森林ふれあい推進センター 


    6月29日(木曜日)、江別市内の野幌森林公園において、北海道ボランティア・レンジャー協議会主催のオオハンゴンソウ除去作業に、石狩森林管理署野幌森林官とともに参加しました。

    オオハンゴンソウは特定外来種で、繁殖力が強く在来植物に与える影響の大きい植物です。
    そのため、被害の軽減を目的として、9年前から継続的な防除活動を関係機関の協力のもと実施しています。

    事前ミーティング
    (入念に事前ミーティング)

    除去作業は、根ごと手で抜き取り、茎と根を剪定ばさみで切断し、根だけを江別市の協力により焼却処分を行います。 

    一面オオハンゴンソウの中抜き取り作業
    (一面のオオハンゴンソウの中、抜き取り作業)

    根の切断
    (根の切断作業)

    当日は総勢23名の参加があり、暑い中、ハチに十分注意しながら、汗を流していました。

    コガタスズメバチの新居
    (コガタスズメバチの新築住居)

    軽トラの荷台いっぱい
    (たちまち軽トラの荷台がいっぱいに)

    参加されたボランティアの方は、オオハンゴンソウのない作業後の林内の様子を満足げに見ていました。

    抜き取り後の林内
    (抜き取り作業後の林内)

    毎年の地道な活動により、徐々にではありますが、生育本数・区域が少なくなってきました。
    それでも、まだまだ作業が必要なエリアは広く、継続的な取り組みが必要と感じているところです。

    (藤生所長)

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader