ホーム > 森もり!スクエア > 各地からの便り > 無人航空機(ドローン)を活用した虫害実態調査


ここから本文です。

 

 各地からの便り

無人航空機(ドローン)を活用した虫害実態調査

~カラマツヤツバキクイムシの被害調査~

【十勝東部森林管理署】


平成28年11月10日(木曜日)11日(金曜日)に、陸別町と足寄町の国有林において、カラマツヤツバキクイムシによる食害の実態調査を実施しました。

近年、十勝管内の民有林で、カラマツヤツバキクイムシの食害が出っているとの情報があり、国有林でも被害があるのではと注視していたところ、遠望からではありますが被害が確認されました。

このことから無人航空機(ドローン)を使った調査が有効ではないかと考え行ったものです。

当日は、事前に森林官から木喰い虫食害の報告があった、カラマツ造林地7箇所を無人航空機(ドローン)を活用して上空から写真撮影を行いました。

無人航空機(ドローン)を実際に業務で活用するのは初めてでしたが、上空から映し出される鮮明な映像を見て、普段地上からでしか見ることができないカラマツ造林地をみて、木喰い虫の被害実態を確認することができました。

木喰い虫の食害は、思ったより酷い箇所もあり来春以降に現地調査の上で被害木処理を進めることとしております。

また、ドローンの活用については、かなり鮮明な画像データが得られることから、今後台風などで発生した風倒木処理の事前調査や、次期、地域管理経営計画(5年毎に作成)に向けた地況・林況調査におおいに活用できると期待しています。

(三間 主任森林整備官)

操作の様子

操作の様子

使用したドローン

使用したドローン

無人航空機(ドローン)の飛行

無人航空機(ドローン)の飛行

被害を受けたカラマツ造林地(陸別国有林)

被害を受けたカラマツ造林地(陸別国有林)

(ドローンによる撮影) 

被害を受けたカラマツ造林地(足寄国有林) 

被害を受けたカラマツ造林地(足寄国有林)

 (ドローンによる撮影)

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集