ホーム > 森もり!スクエア > 各地からの便り > 知床半島・斜里側ルシャ地区の合同清掃活動


ここから本文です。

 

 各地からの便り

知床半島・斜里側 ルシャ地区の合同清掃活動

~知床半島を綺麗に~

【知床森林生態系保全センター】


 平成28年10月27日(木曜日)、ウトロのボランティア団体「知床きれいにし隊」の呼びかけにより、環境省、斜里町と合同で総勢約40名が知床半島ルシャ地区の海岸沿い(一部国有林)にて清掃活動を行いました。

この活動は、知床半島の斜里町側で15年前から継続して行われており、前段で当センターに併設する知床ボランティア活動施設にて、関係者が打ち合わせを重ね本日に至ったものです。

代表者の挨拶

まず始めに代表者の挨拶があり、本日の行程や注意事項等を共有し、車に乗り合わせ出発です。

ルシャ地区に到着

車で移動すること約1時間、ルシャ地区に到着しました。
漂着ゴミの分別等に関するお話の後ゴミ拾いのスタートです。

ゴミが漂着しやすくなっています

波打ち際まで断崖絶壁が多い斜里側の中で、ルシャ地区は浜が存在する数少ない海岸です。
その地形上、他に比べより多くのゴミが漂着しやすくなっています。

燃えるゴミと燃えないゴミの2種類を拾います

運搬車の積載容量を考慮し、大型の漁具などの漂着ゴミは対象外となり、
一般ゴミとして処分できる燃えるゴミと燃えないゴミの2種類を拾います。

トラックのゴミ 乗用車のゴミ

開始して1時間を過ぎた頃には用意したトラックと乗用車の荷台がいっぱいになってしまいました。
ゴミの内容としてはプラスチック製品が多く、ほとんどは日本語のものでしたが、韓国のハングル語やロシアのキリル文字が書かれた製品も国境を越えて漂着していました。
ゴミ満載のトラックの前で集合写真撮影

最後にゴミ満載のトラックの前で集合写真撮影です。

地域の関係機関が、今回のルシャ地区に限らず知床岬先端地域など斜里側の半島を綺麗にするという共通意識のもと行われている素晴らしい活動を今後も継続していくことが望まれます。

(知床森林生態系保全センター GSS 小林)

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271
FAX:011-622-5235

森林管理局の案内

リンク集