このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

     各地からの便り

    浦河町立浦河小学校 木工体験学習

     

     

    ~手作り木工体験で工作の楽しさや森林を知る~

    【日高南部森林管理】

    平成28年6月24日(金曜日)、浦河町立浦河小学校からの依頼を受け、日高振興局森林室の職員の方々と協力し、「木工体験学習」を浦河優駿ビレッジ・アエルで開催しました。

    今回は浦河小学校5年生(31名)を対象に、「自然の木材を使って手作り木工体験をすることで工作の楽しさや森林を知ってもらうこと」を目的に開催しました。

    森林室山本主査の挨拶後、当署から「森林の持つ多面的機能」(森林のお話)の説明と、コースター作成、丸太切りを行いました。

    森林のお話は、児童たちに森林(もり)のことを知ってもらうために、森林が持つ多様な機能(森林の保水機能・地球温暖化防止・森林浴などのレクリエーション等)について、ボードに写真やイラストを貼ったものを使用し、児童たちにもわかりやすく説明しました。

    コースター作りは、ミズナラやアオダモの木を約1センチメートル~2センチメートルに輪切りにし、そこにカーボン紙、イラストのついた紙を重ね鉛筆でなぞり、コースターに写ったイラストに色を塗り完成です。

    また、イラストを使わずに自分の好きな絵を描いてコースターを作る児童もいて、いろいろ工夫してコースター作りを楽しんでいました。

    丸太切りは、直径10センチメートルほどのアオダモやトドマツの丸太をノコギリで約1センチメートル~2センチメートルに切ってもらいました。

    男の子はすぐに切り終わりますが、女の子は切るのが難しく苦戦していました。

    コツを教えていくと上手に切ることができるようになり、喜んでくれました。

    また、友だち同士で教え合い協力する姿も見られ、楽しそうに取り組んでいました。丸太切りが終盤を迎えると一部の男の子たちが切った丸太の長さを競っていました。

    用意した丸太はすぐになくなり、「もっと切りたい」という声も聞こえていました。

    今回の木工体験学習は、家庭でも利用できるものを工作してもらったので、家に帰ってから自分の作品を使ってみたりすることが多いと思います。

    そこで、一生懸命取り組んだ本日の学習を少しでも思い出していただければ私達も嬉しいです。

    また、手作りの楽しさを体験してもらい、森林について知ってもらう良い機会になったのではないかと思います。

    (業務グループ 後藤)

    森林室山本主査の挨拶 

    森林室山本主査の挨拶

    森林についてのお話し 

    森林についてのお話し

    コースター作成

    コースター作成

    かわいいコースターが出来ました

    かわいいコースターが出来ました

     

     

    丸太切り体験

    丸太切り体験

     

     

    丸太切り体験!どっちが早いか

    丸太切り体験!どっちが早いか

     

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271