ホーム > 森もり!スクエア > 各地からの便り > 収穫調査講習会を開催


ここから本文です。

 

 各地からの便り

収穫調査研修会を開催

~現場力、技術力を身につけて~

【日高北部森林管理】

平成28年6月14日(火曜日)~15日(水曜日)に、日高北部森林管理署管内において収穫調査講習会を開催しました。

初日は、日高森林事務所部内で複層伐予定地における伐採箇所の検討と区域測量及び標準地調査、2日目は門別森林事務所部内で間伐方法の検討と標準地調査を実施しました。

今回の収穫調査講習会では、区域標示及び調査木標示についての現地講習と複層伐予定地及び間伐予定地における現地に適した伐採の考え方及び区域の測量などの森林調査に係る技術の習得及び向上を目的として開催し、19名の職員が参加しました。

講習会に先立ち、多田署長より「民有林所有者等や事業者に対して伐採方法や森林の見方・施業の方法などを指導できるように技術力を高めてほしい。」と挨拶がありました。

中山主任森林整備官から、今回の講習会の概要と収穫調査規程の説明及び平成28年3月の改正内容の注意事項等の説明があり、その後、各班に分かれ現地調査等を行われました。

講習会の概要説明

講習会の概要説明

ポケットコンパスによる測量

ポケットコンパスによる測量

初日の複層伐予定地における伐採箇所の検討では、現地の状況から伐採、更新の適地選定の留意点など、森林の見方を学ぶとともに、ポケットコンパスによる区域測量の技術の向上を図りました。

2日目は、間伐予定地における、区域表示の確認及び間伐方法の検討と標準地調査を行いました。

作業終了後は、各班から既設搬出路の状況から、どのような間伐が現地に適しているかなどの検討結果の発表がありました。

今回は、1年生、2年生の若手職員も参加し、森林の見方の技術向上につながると共に総務グループの職員の参加で、各職員の技術力の向上となった講習会でありました。 

(山田総括森林整備官)

標準地調査の様子

標準地調査の様子

検討結果を聞く参加者

検討結果を聞く参加者

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集