ホーム > 森もり!スクエア > 各地からの便り > 「国民の森林づくり感謝状」の贈呈(伝達)


ここから本文です。

 

 各地からの便り

「国民の森林づくり感謝状」の贈呈(伝達)

~小学生への自然体験学習会を通じ、幅広く森林づくりに貢献~

【十勝西部森林管理署】

「NPO法人歴舟川の清流を守る会」の会員の皆さん、酒森大樹町長、阿部署長で記念撮影

「NPO法人歴舟川の清流を守る会」の会員の皆さん、酒森大樹町長、阿部署長で記念撮影

 


 

北海道森林管理局では、地域の国有林において森林づくり活動などに積極的に取り組まれ功績のあった方々に対して、平成18年度から「国民の森林づくり感謝状」を贈呈しています。

平成28年度は、北海道全体で4団体、十勝管内からは「歴舟川の清流を守る会(大樹町)」に対して感謝状が贈呈されました。
歴舟川の清流を守る会では、清流日本一に過去11回輝いている歴舟川の環境保全に取り組み、水質調査や清掃、植樹活動などを行ってきました。

また、国有林内にある「カムイコタン歴舟の森」をフィールドとした自然体験学習会では、平成17年から小学生に地域の自然に理解を深めてもらおうと年輪の見方や樹木の特徴を説明するガイドを務めるなど、大樹町・十勝西部森林管理署と連携した取り組みも行ってきました。

平成28年5月15日(日曜日)、大樹町民植樹祭の会場にて、たくさんの植樹祭参加者が見守る中、阿部署長より代表の奥田眞行さんに感謝状を贈呈(伝達)しました。

奥田さんは「子どもたちに自然環境について伝えるのはとても意義のあることである。今後もできる限り活動を続けたいです。」と話していました。

阿部署長より奥田代表へ感謝状を贈呈 感謝状を贈呈

阿部署長より奥田代表へ感謝状を贈呈(伝達)

(横山 総括事務管理官)

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集