ホーム > 森もり!スクエア > 各地からの便り > サロマ湖畔自然休養林で環境整備活動を実施


ここから本文です。

 

 各地からの便り

サロマ湖畔自然休養林で環境整備活動を実施

【網走中部森林管理】


平成28年4月21日(木曜日)、佐呂間町の「サロマ湖畔自然休養林」にある遊歩道において、環境整備活動が行われました。

この遊歩道は佐呂間町において管理しているサロマ湖畔沿いの延長約5キロメートルの歩道で、毎年強風等により倒木や危険木が発生し、対応に苦慮していたところでした。

そうした中、佐呂間町が日本森林林業振興会旭川支部北見支所に遊歩道沿線の倒木や危険木の処理等の協力を依頼したところ、こころよく応じてもらい処理を行ったことから、今回は処理後の遊歩道内の環境整備をボランティア活動により実施しました。

当日は、佐呂間町民の外、日本森林林業振興会旭川支部北見支所、森林管理署から合計16名が参加し、開催に当たって佐呂間町川又副町長、振興会山本支所長のあいさつ後、2班に分かれて作業を開始しました。

作業は遊歩道に落ちている枝等の支障物を片付けや事前に小切りされた丸太の整理、木道上の落ち葉の清掃などを行うもので、当日は天候に恵まれ春らしい陽気となったことから、参加者は汗をぬぐいながら作業をしていました。

サロマ湖畔をはじめオホーツク地域はこれから新緑の時期を迎え、観光客の入り込みも多くなります。

今回、遊歩道の環境整備を行ったので、より多くの皆様に自然散策等で利用して頂きたいと思います。 

 

(林 森林技術指導官)

 佐呂間町川又副町長による挨拶

佐呂間町川又副町長による挨拶

橋の上の落ち葉を清掃

橋の上の落ち葉を清掃

木道清掃

木道清掃

遊歩道上の倒木や枝を整理

遊歩道上の倒木や枝を整理

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集