ホーム > 森もり!スクエア > 各地からの便り > 日高中学校生徒職場体験学習


ここから本文です。

 

 各地からの便り

日高中学校生徒職場体験学習

~未来の森林官に~

【日高北部森林管理】

平成27年11月19日(木曜日)、日高町立日高中学校の生徒が、当署に訪れ職場体験学習を行いました。

日高中学校では、総合的な学習の「生き方学習」の時間において、働くことの大切さや今後の進路を考えることを目的に、町内の各事業所において職場体験学習を行っています。

今回、2年生の女子生徒2名が、日高北部森林管理署の業務を体験します。

職場体験学習に先立ち、多田署長より「模擬の一日職員辞令書」の交付を受け、早速、現場に移動しました。

多田署長からの辞令交付

多田署長からの辞令交付

輪尺で樹種の胸高直径を測定

輪尺で樹種の胸高直径を測定

現場体験では、輪尺(※1)や測高器(※2)を使って樹木の高さや太さを測定したり、森林の材積を調査する業務、ポケットコンパス(※3)を用いて国有林野の管理に必要な民有地との境界を確認するほか、実際に伐採現場で伐採された丸太の材積を調べる作業を行いました。

職員のわかりやすい指導もあってか、2人とも飲み込みが早く、的確に道具を使いこなしていました。

ポケットコンパスでの境界確認

ポケットコンパスでの境界確認

丸太の計測

丸太の計測

最後に、職場体験学習を終た生徒から、「地元である日高の山や自然をあまり知らなかったので、職場体験を通じて学ぶことができた。植物や動物に興味があり、日高の自然の中でいろいろなことが知ることができた。」との感想があり、近い将来、森林官になってもっと日高の森林や自然を勉強してもらいたいと思います。

(中田 森林技術指導官)

用語解説
(※1)立ち木の胸高直径を測る F 字形の器具。折り畳むと棒状になる。
(※2)立ち木の高さを測定する器具。
(※3)小型軽量で持ち運びが便利な小型測量機。方位や傾斜角を測定する。

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集