ホーム > 森もり!スクエア > 各地からの便り > 白老中学校生徒職場体験学習


ここから本文です。

 

 各地からの便り

白老中学校生徒職場体験学習

【胆振東部森林管理署】


平成27年11月10日(火曜日)から11日(水曜日)にかけて白老町立白老中学校生徒が、当署に訪れ職場体験学習を行いました。

白老中学校では、総合的な学習の一環として、実際の職場で仕事を体験させることを通じて、やりがいや苦労を実感させて生徒自身の進路に対する意識を高めることを狙いとして、町内の各施設において「職場体験学習」を実施しています。
そのうち2年生2名が森林管理署の仕事について学びに来てくれました。

はじめに、「森林の役割」、「国有林等の国の組織について」、「管内概要」などの説明を行い、続いて空中写真や、職員が実際に使用している鉈やゾンメルスキーなど見てもらいました。

午後からは生産現場に行き、高性能機械による伐採の様子を見てもらいました。
業者のご好意により、フェラーバンチャー(伐倒)、プロセッサー(枝払い・玉切り)、グラップル(積込)、フォワーダ(集材)での一連の工程を林道脇で見られるとあって生徒も大変熱心に見学していました。

翌日は、ポロト自然休養林に行き、遊歩道で職員から木の名前について勉強をしました。途中から先生も合流しましたが、木の名前を覚える速さは先生も目を見張るものがありました。

ポロト湖にはこの時期に多くの野鳥が休んでおり、小鳥たちのさえずりの中いろいろなことを学んでくれたようです。 

 (阿部 森林技術指導官)

 職場体験学習に訪れてくれた生徒さん

職場体験学習に訪れてくれた生徒さん

生産現場の見学

生産現場の見学

木の名前について勉強 
木の名前について勉強

小鳥たちのさえずりが聞こえます
小鳥たちのさえずりが聞こえます

 

 


 

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集