ホーム > 森もり!スクエア > 各地からの便り > 「見て?知ろう!国有林にくらす希少な生き物たち」パネル展を開催


ここから本文です。

 

 各地からの便り

「見て?知ろう!国有林にくらす希少な生き物たち」パネル展を開催 

計画課 


平成27年2月15日(日曜日)札幌駅前通地下歩行空間(チ・カ・ホ)において、「見て?知ろう!国有林にくらす希少な生き物たち」と題したパネル展を開催しました。

外は生憎の空模様でしたが、多くの方々が足をとめ、レブンアツモリソウやシレトコスミレ等の希少な植物、シマフクロウやナキウサギ等の稀な動物の写真パネルに見入っていました。

希少な野生動植物を保全する活動、生態系に配慮した事業等を紹介しているパネルの前では、治山ダムに魚道を整備して効果があったことやエゾシカによる森林への被害やその対策について、説明員に熱心に質問をされる方もいて、多くの方々に北海道森林管理局が行っている事業の取り組みへの理解を深めていただくことができました。

 

 

(玉川 生態系保全係長)

「見て?知ろう!国有林にくらす希少な生き物たち」

説明員へ質問をする方もいました

説明員へ質問をする方もいました。

多くの方がパネルに見入っていました

多くの方がパネルに見入っていました。

 

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集