ホーム > 森もり!スクエア > 各地からの便り > 「冬道安全運転講習会」の実施


ここから本文です。

 

 各地からの便り

「冬道安全運転講習会」の実施

【十勝西部森林管理署】


平成27年1月28日(水曜日)、芽室自動車学校において、平成26年度職場内研修計画に基づく冬道安全運転講習会を実施しました。

この日の講習会には、北海道での冬道運転が初めてとなる職員も含め、総勢30名が参加しました。 

まずは、自動車学校の担当者による座学を受講。その後、自動車学校構内の特設コースにおいて、アイスバーン路面における
スラローム走行、急制動及び悪路での走行など、冬道における運転実車体験をしました。

講習室での座学

              【講習室での座学】

スラローム走行

              【スラローム走行】

初の冬道運転で滑る路面でのハンドル操作に苦労したり、急ハンドル・急アクセルなど公道ではあり得ないスピードで
ハンドル操作やアクセルワークを体験するなど、冬道の特性を十分体験することができました。

滑る路面でのハンドル操作など

          【滑る路面でのハンドル操作など】

また、普段使用することのない車載発煙筒のほか、ライフライン3000というバッテリーあがりの応急器具の使用方法を体験し、
非常時に備えた知識も習得しました。 

車載発煙筒 ライフライン3000

          【車載発煙筒】                                           【ライフライン3000】

これからの時期は、天候により刻々と路面が変化することから、この講習を機に更なる安全運転意識の向上を
職員一同再確認したところです。

(今村 総括森林整備官)

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集