ホーム > 森もり!スクエア > 各地からの便り > 新設林業専用道現地検討会を開催


ここから本文です。

 

 各地からの便り

新設林業専用道現地検討会を開催

~路網整備の重要性を普及啓発~

【後志森林管理署】 

 


平成26年9月3日(水曜日)伊達市大滝区の国有林において、後志・胆振総合振興局林務課、森林室、市町村担当者、建設業界、近隣森林管理署から参加いただき、総勢71名で、新設林業専用道の現地検討会を開催しました。

 

検討会は、工事を実行中の林業専用道について、事業及び路線の概要や路線選定の考え方、現地踏査での問題点と改善処置、設計上や施工上の留意点等について説明し、見学していただきました。

 

また、北海道型作業システムにおける路網整備として作設しているため、新設することによる効果、影響についても説明しました。

 

参加者からは、ルート選定、敷砂利、支障木の事前処理、地形変化への対応等について意見・質問が出され、発注者側、受注者側それぞれの立場で活発な意見交換が行われました。

 

今後も、民有林を含めて路網整備の必要性、重要性を普及啓発していきたいと考えています。

 

(赤羽根 地域林政調整官)

説明会1

説明会2

現地検討会の様子


 

 

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271
FAX:011-622-5235

森林管理局の案内

リンク集