ホーム > 森もり!スクエア > 各地からの便り > 置戸町教職員研修を実施


ここから本文です。

 

 各地からの便り

置戸町教職員研修を実施

【網走中部森林管理署】 

記念撮影 
展望台にて記念撮影


平成26年7月30日(水曜日)置戸小学校の先生(13名)を対象に、当署の「鹿の子沢風景林」において研修を実施しました。

これは置戸小学校から夏休み期間を利用して、先生たちが地域の森林を知ることを目的として依頼があったものです。

当日は次長が当署で作成した「鹿の子沢風景林」のパンフレットにより風景林の入口で現地の概要説明を行い、その後風景林内へと移動しました。

当日は快晴でかなり暑い中でしたが、「鹿の子沢風景林」は虹の滝、糸引きの滝や巨樹三本桂、忍び岩、雲突岩、屏風岩など景観的にも見どころが多く、途中、途中で説明を行いながら、展望台までのおよそ1キロメートルの遊歩道を往復約1時間半かけて歩きました。

地元の先生たちも鹿の子沢を訪れたことのある人は少なく、普段あまり知ることができない置戸町の森林について知ってもらうよい機会となりました。

 

(後藤 次長)

巨樹三本桂

巨樹三本桂

 説明風景

説明風景

虹の滝から散策開始

虹の滝から散策開始

 


 

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集