ホーム > 森もり!スクエア > 各地からの便り > 第1回 白老ノルディックウォーキング緑の集い


ここから本文です。

 

 各地からの便り

第1回 白老ノルディックウォーキング緑の集い

【胆振東部森林管理署】 

記念撮影


6月15日(日曜日)、「白老ノルディックウォーキング愛好会」主催(胆振東部森林管理署ほか共催)の「第1回白老ノルディックウォーキング緑の集い」を開催しました。
白老町内にある当署管轄のポロト自然休養林で行われ、町内外から約90名、当署からはコース案内役等で4名参加しました。

開会式で、愛好会会長からは、「元気まちしらおいの町制施行60周年、すこやかロード認定等を記念して、第1回緑の集いを企画した。」旨の挨拶があり、当署署長からは「5月に「山の日」が祝日に決まったことも記念したい。「山の日」の意義は「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」であり、緑の集いはまさに相応しい。」旨の来賓挨拶をしました。

ポールを使って準備体操を行った後、体力に合わせて、ポロト湖畔一周コース(7.0km)、等3コースに分かれて、出発しました。雨上がりで新緑が映える中を、野鳥の囀りを聴きながらのノルディックウォーキングを経験できました。なお、ポロト湖畔一周コースは、公益財団法人「北海道健康づくり財団」と北海道により昨年9月に「すこやかロード」の認定を受けています。

各コースを完走してビジターセンターに戻ると、白老町の保健師さんによる「病気にならないための健康管理」の講話を聞いて、解散しました。

 

(二村 胆振東部森林管理署長)

堀川白老NW愛好会会長(右)と喜多北海道健康づくり財団主幹 
堀川白老NW愛好会会長(右)と喜多北海道健康づくり財団主幹

ポールを使って準備体操

ポールを使って準備体操

 新緑の中を歩く
新緑の中を歩く

認定板
「すこやかロード」認定板

 保健師さんによる健康講話
保健師さんによる健康講話

 

 


 

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集