ホーム > 森もり!スクエア > 各地からの便り > 旭川地区誘導伐・コンテナ苗に係る現地検討会を開催


ここから本文です。

 

 各地からの便り

旭川地区誘導伐・コンテナ苗に係る現地検討会を開催

~ より良い伐採・再造林の一貫作業化に向けた取り組みの普及・定着を図ることを目的として ~

 

【宗谷森林管理署・上川中部森林管理署】


平成25年10月16日(水曜日)、宗谷森林管理署管内枝幸町歌登の国有林において、誘導伐による伐採・搬出とコンテナ苗による植付の一貫作業の取り組みにおける効率化及びコスト低減について現地検討を行い、より良い伐採・再造林の一貫作業化に向けた取り組みの普及・定着を図ることを目的とした現地検討会を開催しました。

対象者は、旭川地区各森林管理(支)署長はじめ事業担当職員及び旭川事務所、森林技術・支援センターの両所長など関係職員が52名。

また、宗谷流域森林・林業活性化協議会及び枝幸町森林整備計画実行管理チーム、上川総合振興局北部森林室など36名の参加があり総勢88名での開催となりました。

宗谷森林管理署では平成24年度においても誘導伐とコンテナ苗植付の一括発注を行っており、昨年度実行箇所では、間接経費で6%の縮減、地拵作業の一部省力化が図れたことによる地拵経費がha当たりで43%の縮減、コンテナ苗の植え付けでは普通苗の約2倍の効率といったデータ説明、また、請負業者からは、伐採・搬出面において、通常の間伐等にくらべ伐採幅が広いので作業効率は格段に良く、より安全な作業が出来たなどの説明がありました。

当日は10年に一度の勢力を持った台風26号が接近する冷たい雨の降るあいにくの天候の中ではありましたが、参加者自ら植付の体験をしたり、積極的な質問・意見等が多数出され大変有意義なものとなりました。

今後は、今年度実行箇所におけるデータ収集、分析を行い、その結果を広く情報発信していきたいと考えています。
 

(宗谷署 安藤森林技術指導官、上川中部署 信田地域林政調整官)

 

コンテナ苗の買い物かご詰め

 コンテナ苗の買い物かご詰め 

コンテナ苗植付(プランティングチューブ)

コンテナ苗植付(プランティングチューブ)

コンテナ苗に関する現地説明

コンテナ苗に関する現地説明

誘導伐に関する現地説明

誘導伐に関する現地説明

フォワーダによる苗木小運搬

フォワーダによる苗木小運搬

 

 

 

 


 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集