ホーム > 森もり!スクエア > 各地からの便り > コンテナ苗の生産育苗勉強会を開催


ここから本文です。

 

 各地からの便り

コンテナ苗の生産育苗勉強会を開催

~ 生産育苗に関する基礎知識を学ぶ ~

【上川中部森林管理署】 

中富良野町の苗畑での勉強会
中富良野町の苗畑での勉強会


平成25年6月28日(金曜日)、安藤山林緑化有限会社のご協力をいただき、空知郡中富良野町に所在する苗畑において「コンテナ苗の生産育苗勉強会」を開催しました。

今回の勉強会は、「平成25年度北海道国有林の主な取り組み」の一つである「コンテナ苗の実用化の推進」の前段として、先ずはコンテナ苗生産育苗に関する基礎知識を身につけることを目的に、

・現地を実際に見ること
・生産者の話を聞くこと
・意見疑問点を話すこと

から始めようということで、上川中部森林管理署全職員対象に参加者を募り、日程調整などをする中で、署長を筆頭に17名の参加となりました。

また、地元の上川南部森林管理署及び低コスト造林推進PTメンバーなどへも参加を呼びかけ、上川南部森林管理署、宗谷・後志・檜山森林管理署の低コスト造林推進PTメンバー、北海道森林管理局森林整備第一課及び森林技術・支援センターからも参加があり、総勢39名(うちPTメンバー9名)での開催となりました。

勉強会では、安藤山林緑化(有)の安藤専務よりご挨拶をいただいた後、コンテナ苗の担当者である木下氏より、コンテナ苗生産の取り組み状況について、「生産育苗の過程、これまでの失敗事例、失敗に基づく今後の新たな取り組み等」を苗畑を実際に見ながら数々のお話しを聞かせていただきました。

参加者からは、活発な質問・意見などが出され、意見交換していく中で、苗木の生産体制、生産技術の奥深さや数々の課題、そして生産者の日々の努力と苦労も含め、コンテナ苗についての認識を深めることが出来ました。

今後は、この勉強会をきっかけに、コンテナ苗に関する技術の確立に向けた取り組みを行い、今年度秋植えを予定しているコンテナ苗の植栽についても担当者に限らず署として引き続き取り組み、コンテナ苗の実用化の推進に繋がっていければと感じました。 

(信田 地域林政調整官)

 

低コスト造林推進PTメンバーとは

森林管理局、森林管理署、森林技術・支援センター等の所属を問わず、コンテナ苗を中心とした低コスト造林・保育に積極的に取り組んで行く意欲を有する者をメンバー(15名)として編成されたチームであり、今年度から本格的に活動している。 

 

コンテナ苗の根の生育状況の説明

           コンテナ苗の根の生育状況の説明

コンテナに幼苗を入れる実演

コンテナに幼苗を入れる実演

コンテナ苗の根の生育状況の説明

コンテナ苗の根の生育状況の説明

コンテナ苗の一種であるMスターコンテナ苗

コンテナ苗の一種であるMスターコンテナ苗

コンテナ苗の根の生育状況の比較

コンテナ苗の根の生育状況の比較


 

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271
FAX:011-622-5194

森林管理局の案内

リンク集