ホーム > 森もり!スクエア > 各地からの便り > 希少な植物を守ろう!~崕山(きりぎしやま)自然保護モニター登山会~


ここから本文です。

 

 各地からの便り

希少な植物を守ろう!~崕山(きりぎしやま)自然保護モニター登山会~

~希少種保護の重要性を学ぶ~

【企画課】  

 6月16日(日曜日)、平成25年度の第1回崕山自然保護モニター登山が行われました。

崕山は芦別市の南東、夕張山地の北西に位置する標高1066mの山です。全山が石灰岩で形成されているため、その特殊な土壌に適応した珍しい植物群が生息しています。ホテイアツモリソウなど絶滅が危惧されている植物も数多く生息しており、学術的にも貴重な場所となっています。

しかし、国道や林道が整備され入山が容易になったことをきっかけに、珍しい花々を求めて登山客が殺到するようなりました。そして、登山客による植物の踏みつけなどにより花々は激減し、さらに追い打ちをかけるように売買目的で希少植物の大量盗掘が行われ、貴重な植物群はほとんどその姿を消してしまいました。

このような状況を受けて、崕山では1999年から入山が制限されており、崕山自然保護協議会を中心に植物群の保護・回復活動が行われてきました。

モニター登山は、一般の人々に植物群の回復の現状を見てもらうとともに、入山制限と植物保護について理解を深めてもらうために年3回行われています。今回は応募者の中から抽選で選ばれた23名がモニター登山に参加しました。

モニター登山参加者は前日の事前学習会に参加し、崕山のこれまでの状況や保護活動について学びます。

登山当日、バスに乗って普段は閉じられている林道のゲートをくぐり、登山口へと向かいました。

登山口へ到着し、崕山自然保護協議会の山岡会長から注意事項の説明を受け、いざ登山開始!大量のヤブ蚊に襲われながら、険しい沢を登っていきます。

道沿いにはエゾノリュウキンカやニリンソウ、シラネアオイなどが咲いていましたが、希少種の調査結果では、ホテイアツモリソウなどは減少傾向が止まりつつあり、これから回復の期待が持てるとった状況だそうです。こうした植物は登山客に踏まれると枯れてしまうため、登山客に人気のある山では大きな問題となっています。

山頂目前の雪が残る尾根上で昼食休憩。目の前に迫る石灰岩の岩群に、参加者も期待が膨らみます!ここからは植物群への影響を最小限にするため、6~7人ずつに分かれて貴重な植物群の生育する岩場へと向かいます。

そして遂に到着!色とりどりの花々が咲く岩場で、山岡会長の解説を聞きながら、みなさん思い思いに記念撮影や植物の観察を楽しんでいました。

時間になり、岩場から降り始めるとすぐに「あったー!」「きれい!」と感嘆の声。大きな赤い花をつけたホテイアツモリソウが9輪咲いていました。一時は絶滅が心配された崕山のホテイアツモリソウも、保護の努力により着実に個体数を増やしつつあります。

また、崕山ではセイヨウタンポポやオオハンゴンソウなど外来植物の進入も大きな問題となっています。参加者はセイヨウタンポポの駆除を行いながら、バスの待つ登山口へと下山しました。

下山後の反省会では、参加者から「ホテイアツモリソウが見られて感激した」という喜びの声のほか、「登山をする自分自身も、知らず知らずに花を踏みつけてしまっていることを実感した」「自然への影響を最小限にするために、登山客それぞれが心がける必要がある」など、積極的な意見が出されていました。

最後に、山岡会長からの「今回限りではなく何度かモニター登山に参加して、崕山の変化を見てほしい」という締めのあいさつで、モニター登山を終了しました。 

(柴田 林政推進係)

 

山岡会長から説明を聞き、登山開始!
山岡会長から説明を聞き、登山開始!

険しい沢を登っていきます。
険しい沢を登っていきます。

振り返ると、雪渓の残る惣芦別岳が見えました。
振り返ると、雪渓の残る惣芦別岳が見えました。

外来種であるセイヨウタンポポの駆除活動も行われています。
外来種であるセイヨウタンポポの駆除活動も行われています。

沢の上流には雪も残っていました。
沢の上流には雪も残っていました。

キリギシアズマギク。(石灰岩に適応した植物)
キリギシアズマギク。(石灰岩に適応した植物)

昼食休憩。目的地まであと少し!
昼食休憩。目的地まであと少し!

待望のホテイアツモリソウとご対面!
待望のホテイアツモリソウとご対面!

到着!
到着!

保護活動の結果、今回はホテイアツモリソウを9株観察できました。
保護活動により、ホテイアツモリソウを9株観察できました。
セイヨウタンポポの花を駆除しながら登山口へ戻りました。
セイヨウタンポポの花を駆除しながら登山口へ戻りました。

帰りの林道の途中で、崕山の岩群を記念撮影
帰りの林道の途中で、崕山の岩群を記念撮影

下山後の反省会
下山後の反省会

 

 


 

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集