ホーム > 森もり!スクエア > 各地からの便り > 林木育種技術講習会の開催


ここから本文です。

 

 各地からの便り

林木育種技術講習会の開催

~林木育種センター北海道育種場と連携して~

【上川中部森林管理署】 

林木育種技術講習会

平成25年5月15日(水曜日)、上川中部森林管理署362林班雨紛採種園において、林木育種センター北海道育種場主催による林木育種技術講習会が開催されました。

この雨紛採種園は、林木育種センターと当署との間で採種園の取扱に関する覚書を締結し、林木育種センターではこの雨紛採種園をモデルとしてカラマツ類の着花促進技術を開発するための取組を行っているところです。

今回の講習会は、林木育種センターが平成22年度に着花促進試験として環状剥皮とホルモン剤処理を行った結果、翌年度春には多数着花、その後、多数の球果が採種され受光間伐が行われた跡地へグイマツを植栽し、既存のカラマツを花粉親としてグイマツ雑種F1の種子生産を目指す箇所での講習会でした。

当日は、今にも雨が降り出しそうな空模様の中、当署職員3名のほか北海道森林管理局、北海道水産林務部、北海道立総合研究機構森林研究本部林業試験場、北海道山林種苗協同組合、苗木生産者等の計23名の参加者で、11時から育種場長挨拶、作業等の説明後、

○中標津5号等のグイマツ植栽
○下草繁茂による植栽木への被覆を防ぎ下刈作業の低減を目指した防草シート設置
○獣害対策としてのハイトシェルター設置

といった実際に作業を行う内容で、参加者紅一点の今廣森林官は「実際に植付を体験して、作業の大変さがわかりました。育種現場を実際に見たのも初めてで、造林地でいつも見ている苗の種子がどのように育てられているのかを知ることができて、とても勉強になりました。防草シートの効果が今後どのように出るのかも気になります。」(作業写真掲載)と大変有意義な講習会で2時間ほど汗を流し、その後の昼食がとても美味しく感じられました。

 

(信田 地域林政調整官)

 

 

 

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集