ホーム > 森もり!スクエア > 各地からの便り > 空中消火器材の使用訓練を実施


ここから本文です。

 

 各地からの便り

空中消火器材の使用訓練を実施

~胆振総合振興局・白老町も参加~

【胆振東部森林管理署】  

4月16日(火曜日)、白老ポロト温泉駐車場横において、当署主催の空中消火器材等の使用訓練を行いました。

 

今回初めて、胆振総合振興局並びに白老町にも参加を呼びかけ、担当者の方々に参加いただきました。

 

空中消火補給基地における作業について、署担当者等からの説明を受け、混合タンク(※1)、バケット(※2)の組み立て、ポンプによる送水作業、消火ポンプやジェットシューターによる模擬消火訓練を行いました。

 

初めて空中消火器材に触れる職員もいましたが、皆さん真剣な眼差しで訓練に参加していました。

 

4月21日から5月31日までは、「林野火災予防強調期間」であり、林野火災が発生しないことを一同願い、この日の訓練を無事終了しました。

 

※1(混合タンク):消火薬剤と水とを混合する装置

※2(バケット):ヘリコプターに吊り下げ散布する装置

 

(塩谷 森林技術指導官)

 

 ジェットシューターによる模擬消火訓練

ジェットシューターによる模擬消火訓練

混合タンクの組み立て

混合タンクの組み立て 

バケットの組み立て

バケットの組み立て 

消火ポンプを使用しての放水作業

消火ポンプを使用しての放水作業

 


 

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集