ホーム > 森もり!スクエア > 各地からの便り > 第1回低コスト造林推進プロジェクトチーム会議を開催


ここから本文です。

 

 各地からの便り

第1回低コスト造林推進プロジェクトチーム会議を開催

【森林整備第一課


第1回低コスト造林推進プロジェクトチーム会議を開催



平成25年3月5日(火曜日)、北海道森林管理局第5会議室において、低コスト造林推進プロジェクトチーム(以下「低コスト造林PT」という。)の第1回会議を開催しました。

 

低コスト造林PTとは、森林管理局、森林管理署、森林技術センター等の所属を問わず、コンテナ苗を中心とした低コスト造林・保育に積極的に取り組んでいく意欲を有する者をメンバー(15名)として編成されたチームであり、平成25年度から本格的に活動することとなります。

 

低コスト造林PTの主な取組は、各関係機関(研究機関、北海道、造林業者、苗木生産者等)と連携し、情報共有を図りながら、全道各署からデータを収集し、低コスト造林・保育について意欲的な検討を行い、活動成果や事例等をまとめたデータ集を作成するなど、技術の確立に向けた検証、成果の普及、技術力の向上にあたることとしています。

 

第1回会議には、メンバーの他、津元森林管理局長、石井森林整備部長、森林整備第一課の職員が参加しました。

 

冒頭、津元局長から造林の新しいスタイルを築いていこうと挨拶があり、メンバー全員が自己紹介を行い、徐々に打ち解けた雰囲気となったところで、森林整備第一課の各担当から低コスト造林PTの概要、平成25年度コンテナ苗植付予定、これまでの各種調査結果、北海道型コンテナ苗協議会について等の説明があり、同時に意見交換・情報交換が行われました。

中でも、コンテナ苗の根鉢について、培地の配合、梱包方法、運搬方法等を検討することにより根鉢が崩れにくいコンテナ苗を作ることができるのではないかといった意見や、植付器具について、実際に使用した際の状況などの情報についての発言が多く、活発で意欲的な会議となりました。

 

最後に、4月に第2回会議を開催する予定を確認し、会議を終了しました。

(根岸 造林係長)

 

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集