ホーム > 森もり!スクエア > 各地からの便り > 後志森林管理署 現地検討会を開催


ここから本文です。

 

 各地からの便り

後志森林管理署 現地検討会を開催 

~伐採系森林整備監督検査及び帯状間伐、森林作業道~

【後志森林管理署】  

9月24、25日の2日間、後志森林管理署の森林官とまだ経験の少ない若手職員を対象に、現地検討会を行いました。

 

1日目は、壮瞥部内の伐採予定箇所で、帯状間伐の現地踏査を行いました。

各班3~4人の5班に分かれ、土場の選定や帯状間伐の帯方向の決定、蓄積調査(的確なプロット位置の選定)など、各班で相談しながら検討しました。

また、土場から森林作業道のルート選定も行いました。

各班の検討結果をそれぞれ提出し、どのような選定方法があるか意見交換をしました。

ほとんどの班で同じような結果となり、現地踏査で必要な注目ポイントを学ぶことができました。

 

2日目は、まず伐採系森林整備の考え方や留意事項、監督・検査の注意点などについて講義を受けました。

その後、壮瞥部内の製品生産現場で現地を見ながら、監督・検査業務を行う際のアドバイスを受けました。

また、実際に森林作業道の作設現場を見学しました。

 

この検討会では、日常業務で学びきれない事や問題点を皆と話し合うことができ、とても良い勉強になりました。

今回学んだことを、今後の業務に活かしていきたいと思います。

 

(志田 森林育成係長) 

帯状間伐の現地踏査

帯状間伐の現地踏査

製品生産現場

製品生産現場

伐採作業

伐採作業

 


 

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集