ホーム > 森もり!スクエア > 各地からの便り > 第1回「21世紀・アイヌ文化伝承の森」プロジェクト推進会議を開催


ここから本文です。

 

 各地からの便り

第1回「21世紀・アイヌ文化伝承の森」プロジェクト推進会議を開催 

~アイヌ文化の伝承に必要な自然素材の保全と活用に向けた取り組み~

【北海道森林管理局】  

平成24年9月19日(水曜日)、平取町役場会議室において、平取町、(社)北海道アイヌ協会平取支部及び北海道森林管理局の3者共催による関係団体等との推進会議を開催しました。

本プロジェクトは、平取町内の国有林の一部を「21世紀・アイヌ文化伝承の森」と位置付け、アイヌ文化の伝承に必要な樹木、草木等の保全と安定的な活用に向けて取り組むものです。

意見交換では

  • オヒョウニレ等の自然素材が枯渇しないよう、安定して供給できるようにしてほしい。
  • 広葉樹の巨木を残して欲しい。
  • 国有林での払い下げや保安林等の手続きについて、アイヌ文化振興の目的であれば省略する、もしくは簡素化してほしい。

などの意見や要望が出されました。

今後は作業部会において、具体的な取り組みの内容を検討・協議していくこととしています。

 

プロジェクト推進会議の様子

プロジェクト推進会議の様子

アイヌ文化

平取町アイヌ文化情報センターに隣接する
コタン再現ゾーンに復元されたポロチセ

 


 

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集