ホーム > 森もり!スクエア > 各地からの便り > 治山事業現地検討会を開催


ここから本文です。

 

 各地からの便り

治山事業現地検討会を開催 

~治山技術者の技術力向上を図る取り組み~

【北海道森林管理局】  

治山担当者の技術力向上を目的に、治山事業現地検討会を二つのテーマで9月に2回開催しました。

 

第1回は、9月4日~5日に渓流生態系に配慮した治山事業をテーマに、知床世界自然遺産地域の河川工作物改良工事現場において、国有林治山で実施した鋼製ダムのスリット化による改良、民有林治山で実施した台形断面魚道による改良、砂防で実施したコンクリーダムのスリット化による改良について、設計方針、施工方法、改良効果等について現地検討会を実施し、意見交換をおこないました。

 

第2回は9月19日~20日に大規模な荒廃渓流の復旧、火山対策をテーマに、黒岳沢及び十勝岳の治山事業現場で実施し、黒岳沢では、低ダム郡工法を採用することにより、大量の土砂を安定的に堆積させた復旧事例について検討しました。

十勝岳では、火山泥流の発生時に治山事業の役割として渓流の浸食の防止、斜面の削剥防止に資する工法について検討しました。また、下流の砂防施設についても見学し、治山と砂防の役割分担について意見交換をおこないました。

 

今回の現地検討会を通じて得た技術、知識をそれぞれの現場に持ち帰り活用することで今後の治山事業の推進につながっていくと考えています。 

 

 

黒岳沢の治山事業施工地

黒岳沢の治山事業施工地

十勝岳の治山事業施工地

十勝岳の治山事業施工地

国有林治山施設の改良現場

国有林治山施設の改良現場

民有林治山施設の改良現場

民有林治山施設の改良現場

砂防施設の改良現場

砂防施設の改良現場

意見交換会

意見交換会

 


 

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集