ホーム > 森もり!スクエア > 各地からの便り > 森林・林業関係事業体との意見交換会(函館地区)を開催


ここから本文です。

 

 各地からの便り

 森林・林業関係事業体との意見交換会(函館地区)を開催

~北海道国有林の森林・林業再生に向けた取り組み~

【北海道森林管理局 函館事務所】 

森林・林業関係事業体との意見交換会(函館地区)の様子 

平成24年8月23日(木曜日)、グリーンピア大沼において、北海道森林管理局函館事務所による森林・林業関係事業体との意見交換会を開催しました。

意見交換会には、函館事務所管内の森林・林業に関係する事業体11社から20名が参加しました。

意見交換に先立ち、北海道森林管理局函館事務所長及び森林整備部長から国有林の一般会計化についての概要、法令厳守と事業実施に当たっての協力依頼、続いて函館事務所から平成24年度の函館事務所管内における主な取組みと管内の森林資源現状、法令を厳守した適正な事業実施等を説明した後、意見交換会に移りました。

意見交換では、

  • 太い丸太は価格面や工場で挽けないなど人気がないので市場が求める径級に応じた出材を希望したい。
  • 立木販売・製品販売において、アクセスする林道の整備をして欲しい。
  • 森林整備事業の一括契約について、存置型部分(間伐木を搬出しない作業)は造林請負事業として別契約にして欲しい。
  • 森林を管理する上で歩道が必要なため整備をして欲しい。
  • 人工林の齢級配置の平準化を図るためには伐採して植林することも必要。

などの意見・要望が出されました。

(石井 副所長)

 


 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集