ホーム > 森もり!スクエア > 各地からの便り > 利根別自然休養林でオオハンゴンソウ駆除を実施


ここから本文です。

 

 各地からの便り

利根別自然休養林でオオハンゴンソウ駆除を実施 

~国が定める特定外来生物であるオオハンゴンソウを、NPOと協力して駆除~

【空知森林管理署】  

7月29日(日曜日)、岩見沢市市街地に隣接する利根別自然休養林において、国が定める特定外来生物であるオオハンゴンソウの駆除(2年目)を行いました。

 

オオハンゴンソウは、市街地を含む多くの場所に群生していますが、実は外来生物法(外部リンク:環境省HP)(略称)で指定されている特定外来生物になります。

今時期は、黄色い花を咲かせて、たくさんあるときれいですが、本来、北米原産のキク科多年生草本で、その繁殖力は尋常ではありません。

利根別自然休養林内でも、道路沿いなどの日の当たる場所には特に多く見られるようになってきました。

そこで、昨年より岩見沢市や地元で活動しているNPO法人利根別の森ネットワークなどと協力して、外来種駆除を行ってきました。

 

駆除にあたっては、「くじら鈎(かぎ)」という道具を使用し、かぎ爪部分を地中に挿し、根こそぎ抜き取る作業を行いました。

参加者は、一般市民を含め約20名となり、汗をかきながらの作業の結果、駆除の総量は80kg以上に達しました。

この後は、NPOの方々により、乾燥させて処分することとしています。

 

なお、来年度以降も、高密度群生地を中心に、別な箇所でも駆除を行っていくこととしております。

来年度も作業者の募集を行いますので、興味のある方は是非参加をお願いします。  

 

(工藤 流域管理調整官)

署長挨拶

桃木署長より挨拶

駆除説明状況

駆除の説明

作業の様子

作業の様子

駆除したオオハンゴンソウ

駆除したオオハンゴンソウ

 


 

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集