ホーム > 森もり!スクエア > 各地からの便り > 「平成24年度 第1回記者懇談会」を開催


ここから本文です。

 

 各地からの便り

「平成24年度 第1回記者懇談会」を開催 

~森林・林業再生の実証元年の取組事項の進捗状況~

【北海道森林管理局】 

記者懇談会の様子 

北海道森林管理局では、「平成24年度 北海道国有林の主な取組み」~森林・林業再生の実証元年~を平成24年4月16日に発表したところです。

平成24年7月27日(金曜日)、北海道森林管理局局長室において「平成24年度 第1回記者懇談会」を開催し、主な取り組みについての第1四半期の進捗状況を公表しました。

 

 懇談会での主な説明内容

  • 民有林との連携強化(林政連絡会議、地域林政連絡会議、市町村連絡会議の開催、准フォレスター研修等) 
  • 林業専用道をベースとした北海道型作業システムの検討(検討委員会の開催)
  • 列状間伐による効率的な森林整備の推進(森林計画樹立に係る現地意見交換会の開催)
  • 造林保育作業の効率化(マルチキャビティコンテナ苗の導入、工程調査・植栽試験、コンテナ苗を活用した誘導伐と植付の一括発注)
  • 航空レーザー計測による効率的な森林資源の把握(根釧西部森林管理署管内約1500ヘクタールを対象)
  • 道産材の安定供給体制の構築(安定供給システム販売の拡大)
  • 「北海道国有林の主な取組み」(進捗状況公表資料) (PDF:4,887KB) 

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

森林管理局の案内

リンク集