ホーム > 森もり!スクエア > 各地からの便り > 森林作業道作設等現地検討会を開催


ここから本文です。

 

 各地からの便り

森林作業道作設等現地検討会を開催 

~間伐等のコスト削減を目指して~

【根釧西部森林管理署】  

平成24年7月26日(木曜日)、弟子屈町内の国有林において、根釧西部森林管理署主催による「森林作業道作設等現地検討会」を開催しました。

この現地検討会は、根釧地区における間伐等のコスト削減を図ることを目的として行われたもので、同森林管理署が発注した間伐箇所を会場に、国有林関係者をはじめ、釧路総合振興局及び市町村担当者、木材搬出業者など総勢76名が集まり、森林作業道の作設方法などについて、作業を見学して意見交換を行いました。

また、現地では、日本に1台しかない木材運搬車「8輪フォワーダ」による実演作業も併せて行い、関係者の注目を集めていました。

森林・林業の再生を図るためには、国有林・民有林において間伐等の森林整備のコスト削減を図っていくことが必須であることから、今後も国有林を活用し情報発信に努めていきたいと考えています。  

 

(浅利 業務第二課長)

8輪フォワーダによる実演

8輪フォワーダによる実演

8輪フォワーダの説明

8輪フォワーダの説明

 


 

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集