北海道森林管理局/木材をふんだんに使用した新庁舎

ホーム > 森林管理局の案内 > 森林管理署等の概要 > 空知森林管理署 > 木材をふんだんに使用した新庁舎


ここから本文です。

空知森林管理署

木材をふんだんに使用した新庁舎

新庁舎の概要(空知森林管理署)

平成17年3月に空知森林管理署の新庁舎が完成しました。
新庁舎は、北海道産のトドマツ、カラマツなどの針葉樹やナラ、カンバなどの広葉樹を100%使用し、木の良さを十分に生かした造りとなっています。
新庁舎の概要を紹介します。

旧庁舎

空知森林管理署の旧庁舎は昭和39年に建設され、以来40年にわたり風雪に耐えてきました。

新庁舎全景

平成17年3月に建設された新庁舎は、道内有数の多雪地帯であることから、雪対策を根本とした設計となっており、屋根等は落雪方向を考慮し、ポーチ・階段・スロープは降雪時の利便性に配慮しています。

正面玄関

玄関ホール

明るく温かみのある正面玄関ホール。
開閉部は断熱性に優れた構造となっており、木材の良さをアピールしています。

執務室

執務空間である事務室は、家具等の配置の自由度を高めるために、構造用集成材を使用した無柱の構造となっています。

署長室

署長室の床はナラ材を用い、重みのある雰囲気をつくりだしています

廊下内壁と案内看板

廊下の内壁はシナとカンバで作られています。各部屋の案内板はナラと道南スギを使用しています。

新庁舎の樹種別使用場所

樹種

使用場所

トド、エゾ

構造材:桁・柱・垂木ほか

カラマツ

外部羽目板、屋根(野地合板)

ナラ

床材、木製ロッカー、案内板

シナ、カンバ

内壁

森林管理局の案内

リンク集