このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    森林施業の低コスト化に向けた取組

    工程管理システムはページ最下部からダウンロードできます。 

    背景・目的

    後志地域では、民有林関係者と連携し、森林施業の集約化や林業技術の普及など地域林業活性化のための取組を行っています。

    地域の課題解決のため、後志総合振興局林務課、同森林室と打合せを行い、

    1. 近年、列状による搬出間伐が取り入れられてきている。
    2. 高性能林業機械の導入は徐々に進んでいるが、効率的に活用しきれていない。
    3. 小規模の森林所有者が多く、森林整備の低コスト化のためには集約化が必要。

    といった地域の現状を共有し、地域課題を「械力に応じた低コスト作業システム構築」と定め、森林施業の低コスト化を推進する取組を行うこととしました。

    そこで、当署では工程管理システムを作成し、公表しました。

    工程管理

    経緯

    平成26年度

    事業体等が現状を評価し作業効率を向上させるため、作業システムの改善点を含む診断書を作成し、事業体への提案を行いました。

     

    平成27年度

    事業体自らが工程管理に基づく効率的な作業システムを検討できるよう、簡易に作業功程・生産コストを算出し機械ごとの作業功程が把握できる工程管理システムを作成しました。

    このシステムを活用した工程管理により、事業体が作業システムの見直しを行い低コスト施業を行うことにより地域林業の活性化につながるものと期待しています。 

     

    特徴 

     

    工程管理システムは、事務処理の負担を招かないよう

    1. 事務の負担を招かないよう、入力項目は事業の基本情報や作業日報の情報のみ
    2. 作業功程、生産コスト、機械ごとの作業功程が算出される
    3. 作業システムの分析に必要な情報を一つにまとめた、功程分析表が作成される

    ことに主眼を置き、使用者が簡易に工程管理を行えるよう作成しました。

     

    誰でも使用できるよう、工程管理システムを公開しております。

    より多くの事業体等に使用していただき、ご意見をいただくことでより使いやすいシステムにしていきたいと考えていますので、ご協力よろしくお願い致します。

     

     

     工程管理システム

    表計算ソフトExcelのワークシートで、簡易に工程を管理・分析することを目的としたコスト分析ツールです。

     

    動作条件

     本ファイルは、MicrosoftExcel2007・2010・2013の動作環境で操作できます。

    使用方法

    ダウンロードした「工程管理システム」を開き、「入力手順」のシートを参考にして使用してください。

    著作権

    このプログラムの著作権は後志森林管理署に帰属しています。

    このプログラムを使用した成果を公表する場合は、後志森林管理署「工程管理システム」を使用したことを明示してください。

    【明示例】「工程管理システム」後志森林管理署(当ページのURL)を使用

    免責、禁止事項

    このプログラムの使用及びその結果によって生じたいかなる損害についても、著作権者は一切の責任を負いません。

    また、このプログラムを著作権者の許可なく改変、移植および再配布することを禁止します。

    ダウンロード 

    工程管理システムVer.03-201704(424KB)(更新日:平成29年4月1日)

     

     【お願い】

    工程管理システムに関するご意見等については、所属・氏名を明記の上、後志森林管理署のFAX等へ送信願います。

    なお、いただいたご意見等に関する返信は行っておりませんのでご承知おきください。

    お問合せ先

    後志森林管理署
    担当者:森林技術指導官、地域林政調整官
    ダイヤルイン:0136-22-0145
    FAX:0136-22-0106

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader