ホーム > 森林管理局の案内 > 森林管理局の概要 > 管内各センターのご紹介 > 知床森林生態系保全センター > 森林を守る制度 > 緑の回廊


ここから本文です。

知床森林生態系保全センター

緑の回廊

緑の回廊とは

国有林では、自然環境の維持、野生生物の保護、遺伝資源の保存等を目的として、森林生態系保護地域を始めとする色々な保護林を設定しています。
緑の回廊は、野生生物の移動経路を確保し、生息・生育地の拡大と相互交流を促すため、既存の保護林同士を連結する様に設定された森林です。

緑の回廊では

いろんな森林を保存します

いろいろなタイプの森林があることが,野生生物が生きていくことにとって重要であるので,原生的な森林を残したり,いろいろな木や草が生える多層構造の森林を目指します。

(ア)ヤマブドウやドングリのなる木など,えさになるものを保存します。

(イ)動物のすみかになる洞のある木などを保存します。

(ウ)必要に応じ,採餌木(えさになる木)を植えます。

(エ)原則として,狩猟は行いません。

野生生物との共生ができる森林を目指します

野生生物の状態を知るため,動物,植物や菌類(キノコ)の生育・移動の状況を把握するモニタリング調査を行っています。その調査結果を緑の回廊の取扱いに生かします。

緑の回廊イメージ図



「知床半島緑の回廊」設定の趣旨

知床半島緑の回廊は,海岸線から高山帯に至る変化に富んだ森林に多くの動物が生息する知床森林生態系保護地域と山頂部の豊富な高山植生やそれに連なるダケカンバ林などが生育する海別岳植物群落保護林,斜里岳植物群落保護林の三つの保護林を結び,貴重な野生生物等の広域化や相互交流を図り,森林生態系のより効果的な保全を図ることを目的に設定しています。

「知床半島緑の回廊」の概要

  • 延長:36km
  • 面積:12,397ヘクタール
    注)平成16.4に生態系保護地域が拡大されたことに伴い、緑の回廊の延長と面積は減少しています。
  • 所在地:斜里町,羅臼町,標津(しべつ)町

緑の回廊位置図


クリックすると大きくなります。

前に戻る   topへ戻る

森林管理局の案内

リンク集