ホーム > 森林管理局の案内 > 森林管理局の概要 > 管内各センターのご紹介 > 知床森林生態系保全センター > 森林を守る制度 > 保護林


ここから本文です。

知床森林生態系保全センター

保護林

保護林制度

保護林とは

「保護林」は、原生的な森林生態系からなる自然環境の維持、動植物の保護、遺伝資源の保存、施業及び管理技術の発展等に特に資することを目的として、区域を定め、禁伐等の管理経営を行うことにより、保護を図っている森林で、国有林野独自の制度です。

いつからあるの?

国有林野事業では、学術の研究、貴重な動植物の保護、風致の維持等を目的とする国有林野独自の制度として、自然公園法の前身である国立公園法(昭和6年)や、文化財保護法の前身である史跡名勝天然記念物法(大正8年)の制定に先駆け、大正4年に保護林制度を発足させて以来、その保護に努めてきました。

どのような種類があるの?

現行の保護林制度では、保護林の種類は、(1)森林生態系保護地域、(2)森林生物遺伝資源保存林、(3)林木遺伝資源保存林、(4)植物群落保護林、(5)特定動物生息地保護林、(6)特定地理等保護林、(7)郷土の森の7種類となっています。

保護林の種類

内容

森林生態系保護地域

原生的な天然林を保存することにより、自然環境の維持、動植物の保護、遺伝資源の保存をはかり、森林施業・管理技術の発展、学術研究などに役立てることを目的としています。
森林生態系保護地域は、保存地区(コアエリア)と保全利用地区(バッファゾーン)とで構成されます。

森林生物遺伝資源保存林

森林生態系を構成する生物を対象として、それらの遺伝資源を生態系内に広範囲に保存することを目的とします。

林木遺伝資源保存林

主として林木の遺伝資源を自然生態系内に広範囲に保存することを目的とします。

植物群落保護林

我が国または地域の自然を代表し、保護が必要な植物群落や歴史的・学術的価値のある個体の維持を図り、あわせて森林施業や管理技術の発展、学術研究等に役立てることを目的とします。

特定動物生息地保護林

特定動物の繁殖地・生息地の保護を図り、あわせて学術研究に役立てることを目的とします。

特定地理等保護林

我が国における特異な地形・地質等の保護を図り、あわせて学術研究に役立てることを目的とします。

郷土の森

地域における象徴としての意義を有するなど、森林の現状維持など地元市町村の強い要請がある森林を保護し、あわせて地域の振興に役立てることを目的とします。

知床ではどうなっているの?

知床では、世界自然遺産登録エリアの陸域の9割以上が知床森林生態系保護地域に設定されているほか、海別岳植物群落保護林斜里岳植物群落保護林などが指定されています。また、シマフクロウの生息環境を守る目的で、シマフクロウ保護林が設定される予定(平成18年4月)となっています。

保安林との違いは?

保安林は、水源のかん養、土砂の崩壊その他の災害の防備、生活環境の保全・形成等、特定の公共目的を達成するため、森林法に基づき、農林水産大臣又は都道府県知事によって指定される森林で、国有林、民有林共に指定されます。
一方、保護林は国有林独自の制度で、原生的な森林生態系からなる自然環境の維持、動植物の保護、遺伝資源の保存、施業及び管理技術の発展等に特に資することを目的に指定される森林です。

前に戻る   topへ戻る

森林管理局の案内

リンク集