ホーム > 森林管理局の案内 > 森林管理局の概要 > 管内各センターのご紹介 > 知床森林生態系保全センター > 森林基礎知識 > 保安林制度


ここから本文です。

知床森林生態系保全センター

保安林制度

保安林とは

保安林とは、水源のかん養、土砂の崩壊その他の災害の防備、生活環境の保全・形成等、特定の公共目的を達成するため、森林法に基づき、農林水産大臣又は都道府県知事によって指定される森林です。保安林では、それぞれの目的に沿った森林の機能を確保するため、立木の伐採や土地の形質の変更等が規制されます。

保安林の種類

保安林は、水源のかん養、土砂災害の防備等それぞれの公益目的の達成のために指定され、その種類は17種類に及びます。

保安林の種類

  1. 水源かん養保安林
  2. 土砂流出防備保安林
  3. 土砂崩壊防備保安林
  4. 飛砂防備保安林
  5. 防風保安林
  6. 水害防備保安林
  7. 潮害防備保安林
  8. 干害防備保安林
  9. 防雪保安林
  10. 防霧保安林
  11. なだれ防止保安林
  12. 落石防止保安林
  13. 防火保安林
  14. 魚つき保安林
  15. 航行目標保安林
  16. 保健保安林
  17. 風致保安林

知床半島の保安林

場所により指定されている保安林は異なりますが、知床半島の先端部寄りには、土砂流出防備保安林が、、斜里側半島基部には水源かん養保安林が多く指定されています。また、知床横断道路や道道知床公園線近辺の、比較的人が立ち入り易い箇所には保健保安林が指定されています。その他、フレペの滝周辺の海岸近辺の森林には潮害防備保安林が存在します。

*もっと詳しく知りたい方は林野庁HPの保安林紹介ページへどうぞ

前に戻る   topへ戻る

森林管理局の案内

リンク集