このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    業務内容

    知床森林生態系保全センターでは、知床世界自然遺産地域を含む知床半島の貴重な森林生態系の保全および適切な自然地域の利用を推進するための業務を行っています。

    知床世界自然遺産地域の管理体制は下図のようになっています。
    私たちは管理者として各種会議に出席し、そこでの議論を踏まえて事業等を行っています。
    会議内容等について、詳しくはこちら(知床データセンター)

    知床世界自然遺産地域の管理体制

    各種調査

    サケ科魚類の遡上数等調査

    北海道森林管理局、北海道、及び斜里町は、知床世界自然遺産地域登録(平成17年)を受け、遺産地域内にある5河川13基のダム改良を行い、カラフトマスやシロザケ等がダム上流まで遡上できるようにしました。
    その効果を検証するために、ルシャ川等について渓床変化やサケ類の遡上数を調査しています。

    オショロコマ生息数等調査

    知床の淡水魚類相を特徴づけるオショロコマを中心に、外来種を含めた淡水魚類の生息数を調査しています。


    エゾシカによる植生への影響調査

    知床半島ではエゾシカの個体数及び採食圧の増加に伴い、急激な植生の変化や希少植物群落の衰退が懸念されています。
    エゾシカが、知床半島の植生にどのような影響を与えているのか把握するための調査を行っています。 

    中大型哺乳類の生息動向調査

    北海道野生生物観測ネットワークに参加し、自動撮影カメラを使用した中大型哺乳類等のモニタリングを行っています。
    詳しくはこちら(北海道野生生物観測ネットワークHP)

    ミズナラ堅果結実調査

    ミズナラ堅果(どんぐり)の量について調査を行っています。
    詳しくはこちら

    エゾシカの捕獲事業

    知床半島のエゾシカを適切な生息密度にするため、囲いワナによる捕獲や、林道除雪による一般狩猟の支援を行っています。
    捕獲されたエゾシカは、食肉等に利活用されています。


    囲いワナイメージ図
     

    環境教育の実施

    学生等を対象に知床の自然の魅力と、保全の必要性を啓発する活動を行っています。

    平成25年度植樹活動2
    (平成25年度 植樹活動の様子)

    生態系保護地域の適正利用の推進

    GSS(グリーン・サポート・スタッフ)とともに巡視を行い、歩道の利用やヒグマなどの野生動物との接し方について、マナー啓発を行っています。


     

    topへ戻る

    お問合せ先

    知床森林生態系保全センター

    ダイヤルイン:0152-24-3466
    FAX番号:0152-24-3477