ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > えりも岬緑化事業に関する協定の調印式について


ここから本文です。

プレスリリース

平成25年5月29日
えりも岬緑化60周年記念事業実行委員会
(えりも岬の緑を守る会、えりも町、北海道森林管理局)
一般財団法人セブン-イレブン記念財団

えりも岬緑化事業に関する協定の調印式について

えりも岬の海岸は、昭和20年代後半、”えりも砂漠”と呼ばれるほど荒廃したため、国有林野へ要請があり、昭和29年から治山事業による本格的な緑化が始まりました。

この緑化事業は、国有林野事業と地元えりも町の住民達が試行錯誤を繰り返し「えりも式緑化工法」を生み出すなど、関係者の地道な努力によって、今日、緑豊かな森林が蘇りつつあり、平成25年度は緑化事業の60周年記念の年にあたります。

これらの取組みが今後も円滑に実施されることを目的とし、また、地元えりも町の住民のみならず、広く一般の方々にも参加して、理解していただくため、地元住民以外の方も森林整備活動に参加できるように「「ふれあいの森」における森林整備等の活動に関する協定」を国有林を管理する「日高南部森林管理署」と地元の「えりも岬の緑を守る会」が締結することとなりました。

また、この協定に基づく活動を支援するため、(株)セブン-イレブン・ジャパン創立20周年記念事業として、加盟店と本部が一体となり、各店舗の募金や本部からの寄付金で環境をテーマに社会貢献活動に取り組む「一般財団法人セブン-イレブン記念財団」と地元えりも町、えりも漁業協同組合、ひだか南森林組合等を会員とする「えりも岬の緑を守る会」が「「えりもイキイキの森」における活動支援のための基本協定」を締結することとなりました。

この二つの協定を締結するため、地元代表者としてえりも町長、北海道内の国有林を管理する代表者として北海道森林管理局長の立会のもと、下記により調印式を開催することとしました。

(1)「ふれあいの森」における森林整備等の活動に関する協定

協定締結者:日高南部森林管理署 、えりも岬の緑を守る会

(2)「えりもイキイキの森」における活動支援のための基本協定

協定締結者:えりも岬の緑を守る会、一般財団法人セブン-イレブン記念財団

(3)開催日時

平成25年6月8日(土曜日) 14時00分から

(4)開催場所

えりも町風の館
北海道幌泉郡えりも町字東洋366番地の3

お問い合わせ先

北海道森林管理局 治山課
電話:011-622-5246
えりも町 産業振興課
電話:01466-2-4623

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

森林管理局の案内

リンク集