このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    プレスリリース

    平成30年北海道胆振東部地震山地災害発生に係るヘリコプターによる現地調査の実施について

    • 印刷
    平成30年9月7日
    林野庁 北海道森林管理局
    北海道森林管理局では、平成30年9月6日に北海道と合同で大規模な土砂崩れが発生している厚真町等を中心に、ヘリコプターによる上空からの森林被害調査を実施しましたのでお知らせします。

    1.調査日時

    平成30年9月6日(木曜日)
    9時30分~15時45分

    2.主な調査箇所

    安平町、厚真町、むかわ町、日高町、占冠村、夕張市及び南富良野町ほかの民有林・国有林

    3.調査機関

    北海道森林管理局、北海道庁

    4.調査概要

    上空からの調査では、厚真町北部を中心に約13kmの範囲(厚真町、安平町、むかわ町)で多数の山腹崩壊が発生していることを確認した。
    その他の市町村では、今回の地震に起因すると考えられる崩壊地は確認されなかった。

    5.その他

    引き続き地上調査を実施予定

    添付資料

    調査概要(PDF : 943KB)

    お問合せ先

    計画保全部治山課
    担当者:中塚
    ダイヤルイン:011-622-5246
    FAX:011-614-2652

    総務企画部 企画課
    担当者:上野 
    ダイヤルイン:050-3160-6271
    FAX番号:011-622-5194