このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    プレスリリース

    平成29年度治山勉強会「災害発生直後の初動対応及び被災箇所の現地調査の手法」について

    • 印刷
    平成29年10月23日
    林野庁 北海道森林管理局
    北海道森林管理局では、近年、集中豪雨等により各地で激甚な災害が多発している状況を踏まえ、大規模な災害が発生した際の被災箇所の迅速な復旧のため、災害発生直後の現地調査における留意点や被災状況の把握手法について学ぶことを目的とする勉強会を、森林管理(支)署治山担当者及び十勝管内近郊の振興局治山担当者が合同で開催することとしました。
    この勉強会では昨年度激甚な災害が発生した十勝西部森林管理署管内の広尾町国有林で、実際の被災状況の把握方法を学ぶため、地上調査とともにドローンを活用した調査を行います。

    1.実施日時

    平成29年10月31日(火曜日)14時00分~11月2日(木曜日)12時00分 (3日間)

    2.実施内容及び実施場所

    10月31日(火曜日):災害調査の留意点、災害申請までのフロー等についての説明(十勝西部森林管理署会議室)
    11月  1日(水曜日):治山施設及び荒廃状況について地上及びドローンによる調査(広尾町管内国有林)
    11月  2日(木曜日):調査結果のとりまとめ及び発表(十勝西部森林管理署会議室)
    実施内容の詳細は、別添資料のとおり

    3.参加予定者

    北海道森林管理局治山課              
    森林管理(支)署治山担当者
    日高振興局及び十勝総合振興局治山担当者

    添付資料

    別紙(PDF : 53KB)

     

     

    お問合せ先

     

    国有林マーク    

    計画保全部治山課
    担当者:専門官 櫻庭 英明
    ダイヤルイン:011-622-5246
    FAX:011-614-2652