このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    プレスリリース

    「第1回 空知の山づくりワークショップ」の開催について

    • 印刷
    平成30年8月2日
    林野庁 空知森林管理署
    ~国有林の現場で体験する森林整備の省力化(調査・伐採・植付)~
    森林の公益的機能を最大限に発揮する、計画的な森林の管理経営を行うためには、木材生産の作業効率の向上とコストの削減、また、再造林コストの大幅な削減が不可欠です。国有林では、従来の作業方法を抜本的に見直し、伐採・造林一貫作業システム及びコンテナ苗の導入による森林整備の省力化を積極的に推進しています。

    この度、民有林支援の取り組みとして、伐採・造林一貫作業システムの推進、コンテナ苗の普及・拡大に向け、「ワークショップ」を下記により開催します。

    当日は、空知管内の24市町で林野行政を担う皆様にお集まりいただき、国有林の森林施業を紹介しながら、森林・林業・林産業の知識をより深めていただくとともに、「伐採・造林一貫作業システム」の見学、「コンテナ苗」の植栽体験などを通じて、国有林が推進する「空知の山づくり」を体感していただきたいと考えています。

    1.開催日時

    平成30年8月30日(木曜日)10時30分~15時30分
    芦別市 頼城多目的研修センターにて10時から受付開始(駐車場あり)

    2.開催会場

    • (座学)芦別市 頼城多目的研修センター
    • (現地)空知森林管理署 西芦別担当区部内4488林班
    • 参加される方は、ヘルメット、作業着、長靴、雨具等の準備をお願いします。 

    3.参集範囲

    空知管内24市町の林務担当者

    4.その他

    取材を希望される方は、事前に担当(中川)までお申し込み下さい。

    添付資料

    参考資料(PDF : 201KB)

    お問合せ先

    国有林マーク   北海道森林管理局 空知森林管理署
    担当:森林技術指導官 中川

    岩見沢市3条東17丁目34番地
    TEL 0126-22-1940
    FAX 0126-22-3386