このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    プレスリリース

    平成30年度第1回知床世界自然遺産地域科学委員会 適正利用・エコツーリズムワーキンググループ及び平成30年度第1回知床世界自然遺産地域 適正利用・エコツーリズム検討会議の開催について(お知らせ)

    • 印刷
    平成30年9月26日

    知床世界自然遺産地域科学委員会 適正利用・エコツーリズムワーキンググループ事務局
    知床世界自然遺産地域 適正利用・エコツーリズム検討会議事務局
    (環境省釧路自然環境事務所・林野庁北海道森林管理局・北海道)


    知床世界自然遺産地域の適正な利用・エコツーリズムの推進及びそのための科学的な助言を得るために「平成30年度第1回知床世界自然遺産地域科学委員会 適正利用・エコツーリズムワーキンググループ」と、「平成30年度第1回知床世界自然遺産地域 適正利用・エコツーリズム検討会議」を開催することとしましたのでお知らせします。

    1.日時

    平成30年9月27日(木曜日)

    10時00分~12時00分  平成30年度第1回知床世界自然遺産地域科学委員会 適正利用・エコツーリズムワーキンググループ     

    13時30分~16時00分  平成30年度第1回知床世界自然遺産地域 適正利用・エコツーリズム検討会議

    2.場所 

    羅臼町公民館  大集会室

    目梨郡羅臼町栄町102番地(Tel:0153-87-2004)

    3.議事

       知床世界自然遺産地域適正利用・エコツーリズムワーキンググループ

    1.長期モニタリング計画の見直しについて
      (1)これまでの経過と科学委員会での判断
      (2)新しいモニタリングの考え方の導入

    2.適正利用・エコツーリズム検討会議の今後のビジョンについて

    3.その他

    知床世界自然遺産地域適正利用・エコツーリズム検討会議

    1.知床エコツーリズム戦略に基づく提案の進捗状況

    2.知床エコツーリズム戦略に基づく提案について

    3.実施部会からの報告
      (1)赤岩地区昆布ツアー部会
      (2)外国人旅行者向け情報発信の強化部会

    4.個別部会等からの報告
      (1)厳冬期の知床五湖エコツアー事業
      (2)カムイワッカ地区における取組
      (3)知床五湖地区における取組
      (4)ウトロ海域における取組

    5.その他
      (1)長期モニタリング計画の見直しについて
      (2)第41回世界遺産委員会決議の対応について

    4.その他

    各会議の設置概要については別紙(PDF : 133KB)をご参照ください。
    また、会議は公開で実施します。傍聴希望の方は、当日、直接会場にお越し下さい。

    お問合せ先

    国民の森林・国有林 北海道森林管理局 知床森林生態系保全センター 稲川、早川
    電話 0152-24-3466
    FAX 0152-24-3477

    北海道森林管理局 計画保全部 自然遺産保全調整官 板山
    電話:050-3160-6283
    FAX:011-614-2652

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader