このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    プレスリリース

    平成30年度「コンテナ苗の安定需給協定」に係る企画提案の公募結果について

    • 印刷
    平成31年3月12日
    林野庁北海道森林管理局
    北海道森林管理局では、コンテナ苗を安定的に確保するとともに、安定供給体制の構築及びコンテナ苗生産者(以下「生産者」という。)の育成に資することを目的とした「コンテナ苗の安定需給協定」の実施に係る公募を行いました。
    その結果、生産者6者からの応募があり、このたび協定を締結しました。

    1.公募期間

    • 平成30年10月30日(火曜日)~平成30年12月12日(水曜日)

    2.選定結果等

    1.  カラマツ(中部育種区)1位に選定された者の申請数量のみでは、公募した数量を満たさなかったことから、次点以降の者も選定し、以下の3者と協定を締結しました。
      協定者:有限会社 石田農園、有限会社 大坂林業、北振種苗有限会社
    2. トドマツ(中部育種区)応募者が1者であり、審査基準等を満たしていることから、以下の応募者と協定を締結しました。
      協定者:北振種苗有限会社
    3. カラマツ(西南部育種区)応募者が1者であり、審査基準等を満たしていることから、以下の応募者と協定を締結しました。
      協定者:有限会社 大坂林業
    4. トドマツ(西南部育種区)応募者が1者であり、審査基準等を満たしていることから、以下の応募者と協定を締結しました。
      協定者:有限会社 谷口精光園
    5. クリーンラーチ(東部育種区)1位に選定された者の申請数量のみでは、公募した数量を満たさなかったことから、次点以降の者も選定し、以下の3者と協定を締結しました。
      協定者:有限会社 岸苗畑、佐々木産業有限会社、北振種苗有限会社
    6. カラマツ(東部育種区)1位に選定された者の申請数量のみでは、公募した数量を満たさなかったことから、次点の者も選定し、以下の2者と協定を締結しました。
      協定者:有限会社 大坂林業、北振種苗有限会社
    7. トドマツ(東部育種区)1位に選定された者の申請数量のみでは、公募した数量を満たさなかったことから、次点以降の者も選定し、以下の3者と協定を締結しました。
      協定者:有限会社 岸苗畑、佐々木産業有限会社、北振種苗有限会社

    3.公募において提出のあった主な提案内容等

    選定された生産者は、いずれも自己資本や補助事業を活用して積極的にコンテナ苗生産施設を整備するとともに、施設内には灌水設備や生産機械等を設置する等、品質の向上と生産体制の拡大を図っていました。

    また、出荷方法における工夫等による作業の効率化に取り組むとともに、当年生苗の生産等の技術開発や緩効性肥料の施用することによる付加価値の向上への取組のほか、地元雇用や苗木の普及に繋がる研修会を開催するなど地域の林業振興への貢献が図られる提案等がありました。

    このような提案内容等を踏まえ、協定締結に向けた協議の結果、一部コンテナ苗の低価格化が図られました。
    各者の提案内容等については、こちら(PDF : 116KB)をご覧下さい。

    4.その他

    • 本協定に基づくコンテナ苗は、平成31・32年度に森林管理署等が実施する造林請負事業において使用することとしています。
    • また今回、一部の生産者から緩効性肥料を施用したコンテナ苗の生産や当年生苗の生産への取組提案があったことから、これらの生産者と連携を図り、それらの効果等について実証していきます。

    お問合せ先

    林野庁北海道森林管理局森林整備部森林整備第一課

    担当者:担当者:済田、小林
    ダイヤルイン:050-3160-62880
    FAX番号:011-614-2654

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader