ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 第2回トドマツ人工林更新技術検討会(現地検討会)の開催について


ここから本文です。

 プレスリリース

                                       平成26年11月5日
                                       北海道森林管理局

 

第2回トドマツ人工林更新技術検討会(現地検討会)の開催について

第2回トドマツ人工林更新技術検討会(現地検討会)を、以下の日程で開催します。

1.主旨

トドマツ人工林は、今後、主伐期を迎える林分が大きく増加し、それに伴い更新面積も大幅に増加する見込みですが、苗木の供給量や請負事業体の労務確保、森林整備事業予算の確保等、伐採後の更新については様々な課題があることから、これを克服する方策の1つとして、天然更新の更新ポテンシャルが高いと想定される地域において、天然更新を活用した低コストで持続的な森林施業の実証を図ることとしました。

北海道森林管理局では、有識者からなる「トドマツ人工林更新技術検討会」を設置し、去る8月5日(火曜日)に第1回の検討会(http://www.rinya.maff.go.jp/hokkaido/keikaku/other/H26todomatu_kenntoukai.html)を開催しました。

第1回の検討会において、これまでの更新技術や天然更新に必要な条件等を整理したところであり、今回はトドマツ天然更新の具体的な実証・実験手法の現地検討を行います。

 

2.開催日時

平成26年11月18日(火曜日) 14時30分~16時00分(1時間半程度)

平成26年11月19日(水曜日)   9時30分~11時30分(2時間程度) 

3.開催場所

根釧西部森林管理署 290林班外

北海道川上郡標茶町雷別

4.構成メンバー

検討会のメンバーは、トドマツ人工林の天然更新に精通している以下の大学、研究機関の研究者で構成しています。

元北海道立林業試験場長 浅井達弘氏

森林総合研究所北海道支所チーム長 石橋聡氏

北海道立総合研究機構林業試験場主査 大野泰之氏

北海道大学農学部准教授 渋谷正人氏

 

5.議題

トドマツ天然更新の実証・実験手法の検討について

 

6.その他

本検討会は、公開で実施しますので参加希望の方は、11月13日(木曜日)までに下記担当までご連絡下さい。

 

 

お問い合わせ先

計画保全部計画課
担当:計画調整官 藤嶋
電話:011-622-5241