ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 生態系保全に配慮した渓畔周辺における森林施業の現地意見交換会の開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成25年10月28日
北海道森林管理局

 

生態系保全に配慮した渓畔周辺における森林施業の現地意見交換会の開催について

1 主旨

北海道森林管理局では、生態系の保全に大きな影響のある渓流沿いや湖沼周辺等の渓畔周辺における森林の取扱いを検討することを目的とした現地意見交換会を開催します。

2 内容

人工林を含む渓畔周辺の森林について、間伐の方法や新規路網の配置及び既存路網の維持・修繕等が水系に与える影響を考慮し、流域全体の生態系への影響を軽減するとともに、将来的に本来の植生の復元につながるような取扱いについて有識者を交えて検討します。

また、検討結果は今後の北海道内国有林における渓畔保全に配慮した森林づくりの指標となるモデルの設定につなげていくこととしています。

3 日時

平成25年11月7日(木曜日)13時00分~15時00分(2時間程度)

4 場所

上川郡清水町(十勝西部森林管理署17林班:別紙「現地意見交換会案内図」参照)

5 参加者

有識者

中 村 太 士(北海道大学大学院教授)
澁 谷 正 人(北海道大学大学院准教授)
佐々木 尚 三(森林総合研究所北海道支所産学官連携推進調整監)

森林管理局・署

北海道森林管理局長他北海道森林管理局関係職員、関係森林管理署(支署)職員

6 その他

意見交換会は公開で行います。

参加を希望される方は下記担当までご連絡下さい。

なお、札幌からの参加者についてはバスを用意しますが、乗車人数に限りがあることから場合によっては参加をお断りすることがございますので、あらかじめご了承願います(自家用車による参加は不可とさせていただきます。)。

また、昼食は各自ご用意いただくようお願いします。

<添付資料>

現地案内図(PDF:1,400KB)

お問い合わせ先

計画保全部計画課
担当者:課長補佐(計画)泉、課長補佐(保全調整)中堀
ダイヤルイン:011-622-5241
FAX:011-614-2652

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

森林管理局の案内

リンク集