ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > エゾシカの立木食害等が天然更新等に与える影響調査検討会の開催について


ここから本文です。

プレスリリース 

平成28年2月3日
林野庁北海道森林管理局

 

 

エゾシカの立木食害等が天然更新等に与える影響調査検討会の開催について

北海道森林管理局では、エゾシカが森林生態系へ与える影響を科学的に評価することを目的として、今年度は胆振東部森林管理署、留萌北部森林管理署、宗谷森林管理署、網走西部森林管理署及び網走西部森林管理署西紋別支署管内5地域での詳細調査、並びに全道国有林を対象とした簡易調査を行っております。

今般、下記により影響調査検討会を開催いたしますので、お知らせいたします。

1.開催日時

平成28年2月8日(月曜日) 13時45分から16時30分

2.開催場所

札幌市中央区北2条西7丁目 かでる2・7  510会議室(5階)

3.議事

(1)現地検討会振り返り

(2)今年度の詳細調査について

(3)今年度の簡易チェックシートの結果について

(4)今後のモニタリング調査・取り組みについて

4.有識者委員等

藤巻   裕蔵 氏   帯広畜産大学名誉教授

宇野   裕之 氏   地方独立行政法人北海道立総合研究機構 環境科学研究センター 自然環境部 研究主幹

明石   信廣   氏 地方独立行政法人北海道立総合研究機構 森林研究本部林業試験場 森林資源部保護グループ 研究主幹

竹中        健 氏 FILINシマフクロウ環境研究会代表

5.その他

本検討会は公開で実施しますので、傍聴希望の方は、当日会場に直接お越しください。

お問い合わせ先

計画保全部保全課
担当者:利用調整係長
ダイヤルイン:050-3160-6286
FAX:011-616-4021

森林管理局の案内

リンク集