ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > エゾシカ対策の積極的な推進


ここから本文です。

プレスリリース 

平成26年7月18日
北海道森林管理局

 

 

エゾシカ対策の積極的な推進

平成25年度の北海道森林管理局におけるエゾシカ捕獲支援のための林道除雪の結果についてお知らせします。

1.実施期間

平成25年12月下旬~平成26年3月下旬

2.林道除雪実績

(1)除雪総延長 : 約1,984.3km(105路線)
(2)実施森林管理署(支署) : 15森林管理署(支署)
(3)実施市町村 : 28市町村

3.エゾシカ捕獲数

3,789頭(林道除雪により捕獲した有害駆除及び一般狩猟の捕獲頭数について、森林管理(支)署から地元市町村や地元猟友会へ聞き取りにより把握)

4.分析

平成25年度の捕獲頭数は3,789頭となり、24年度の6,813頭を大きく下回り、前年度比約56%となりました。捕獲頭数が前年度を下回ったのは、平成21年度以降除雪による捕獲支援を実施して以来はじめてのこととなりました。
 これは平成25年度は少雪のため、エゾシカが越冬地に集結しにくい傾向が見られ捕獲が難しく、全道的に捕獲頭数が落ち込む結果となり、国有林での捕獲頭数もそれと同じ状況となりました。

5.今後の予定

林道除雪により効率的な捕獲に大きく貢献したとの評価や、捕獲個体の搬送が容易になったとの声が寄せられており、市町村や狩猟者などからの除雪に対する要望の声は大きく、効率的な捕獲支援としての除雪は不可欠なものとなっております。

今後も効率的なエゾシカ捕獲のため地元市町村等との連携を図りながら、林道除雪を継続して実施していくこととしています。。

6.添付資料

お問い合わせ先

計画保全部保全課
担当者:利用調整係長
ダイヤルイン:050-3160-6286
FAX:011-616-4021

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

森林管理局の案内

リンク集