ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 林道ゲートへの「監視カメラの設置」について(石狩森林管理署管内)


ここから本文です。

プレスリリース 

平成26年4月16日
北海道森林管理局

 

 

林道ゲートへの「監視カメラの設置」について(石狩森林管理署管内)

国有林野内の林道は、一般の車両通行には危険な箇所が多いことから一部を除き、安全管理上、ゲートに施錠をしており車両での通行はご遠慮頂いているところです。

特に、石狩森林管理署におきましては、林道ゲートの鍵が損壊されるなどの悪質かつ危険な無断入林やゴミの不法投棄が後を絶たないことから、昨年9月下旬より管内の主たる林道のうち数路線に監視カメラを設置したところであります。

昨年の監視カメラの設置以降、設置箇所はもとより、他の林道も含めて、ゲートや鍵の損壊・紛失等の悪質な事案は確認されておらず、国有林野の適切な管理に効果が見られました。

今年度も雪解けとともに山菜採り等で入林者が増える時期を迎えたことから、昨年同様、管内の林道に監視カメラを設置することとし、設置個所には「監視カメラ作動中」の掲示を行うとともに、悪質な行為については厳しく対処することとしております。

入林者の皆様には国有林野の管理について一層のご理解をいただき、マナーを守り、徒歩による入林をお願いします。

お問い合わせ先

北海道森林管理局 保全課(担当:課長補佐)
電話:011-622-5250 FAX:011-616-4021

北海道森林管理局 森林整備第二課(担当:課長補佐)
電話:011-622-5219 FAX:011-614-2654

石狩森林管理署(担当:次長)
電話:011-563-6111 FAX:011-563-6113

森林管理局の案内

リンク集